sports world

様々なスポーツの情報を提供します。


    ベテラン右腕の154キロ内角速球を鋭くスイング

     エンゼルス大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、「5番・DH」で先発出場した本拠地アストロズ戦で、第2打席に右翼フェンスに達する二塁打を放った。対峙したのは、メジャー屈指の右腕バーランダー。前回は4打数3三振、この日も第1打席はセーフティバント失敗だった相手から快音を響かせた。

     2点を追う4回1死一塁。打席に立った大谷は2ボールからの3球目95.7マイル(約154キロ)の内角速球を鋭く振り抜き、右翼フェンスに達する大きな二塁打とした。米スポーツ専門局「ESPN」のオールデン・ゴンザレス記者のツイートによると、あとひと伸びでホームランという大きな打球の初速は106マイル(約171キロ)だったという。

     さらに、これが大谷にとって今季19本目の長打で、長打率は.517と5割を超えた。ゴンザレス記者は「大谷の長打率は.517。リーグ平均よりも.109も上回っている」と伝え、大谷のパワーを称えた。

     ここまで完敗していた右腕から、通算6打席目で快音を響かせた24歳。第3打席もまたヒットが生まれるのだろうか。(Full-Count編集部)

    バーランダーから二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大谷翔平、長打率5割!打球の初速は106マイル(約171キロ)【衝撃】】の続きを読む


    安藤美姫の追悼の演技



    【安藤美姫の追悼の演技】の続きを読む


     マンチェスター・Uのスペイン人MFアンデル・エレーラは、同僚であり同胞のスペイン代表GKダビド・デ・ヘアこそが世界最高のGKと考えている。イギリスメディア『スカイスポーツ』が20日付で伝えた。

     デ・ヘアは、2018 FIFAワールドカップ ロシアで4試合に出場したが、ポルトガル代表とのグループステージ第1戦でFWクリスティアーノ・ロナウドのシュートをキャッチミスして失点するなど、不安定なパフォーマンスに終始した。ベスト16で敗退した同代表において、批判を集めた選手の1人である。

     しかしながら、マンチェスター・Uで共に戦うデ・ヘアに対して、エレーラは絶大な信頼を寄せている。

    「批判の内容は分からないけど、彼が世界最高のGKだ。ずば抜けてね。すぐにもう一度そのことを示してくれるさ」

    「僕が良いプレーを見せられなくても、僕は世界最高の選手の1人じゃないから、ああいう非難は浴びない。だけど、彼はそういう存在だから、いつものことなんだ。うまくやり過ごすだろうね」

     エレーラはこのように語り、デ・ヘアを擁護した。まもなくスタートする2018-19シーズンで、同選手は批判を黙らせる活躍を見せることができるだろうか。

    エレーラ(左)がデ・ヘア(右)について言及した [写真]=Man Utd via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【デ・ヘアが世界最高のGKだとエレーラは、信頼を寄せている】の続きを読む


     14年ソチ五輪のフィギュア男子で銅メダルを獲得したデニス・テンさん(25)が19日、母国カザフスタンのアルマトイ市内で2人組に襲われて死亡した。市内の路上でテンさんの車からミラーを盗もうとしていた2人組と争いになり、刃物で右脚を刺された。テンさんは病院に運ばれたが、間もなく亡くなった。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    ソチ五輪フィギュア男子シングル銅メダルのデニス・テンさん=ロシア・ソチのアイスベルク・パレスで2014年2月14日、貝塚太一撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【フィギュア:デニス・テン、運が悪すぎる】の続きを読む


    W杯公式インスタグラムが投稿、決勝史上2番目に若い一撃を称える

     フランス代表は現地時間15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でクロアチア代表を4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を果たした。19歳で10番を背負うFWキリアン・ムバッペは、この試合でダメ押しとなるチーム4点目をマーク。W杯公式インスタグラムがゴール動画を公開すると、コメント欄には海外ファンから賛辞の言葉が殺到した。

     そのシーンは、フランスが3-1とリードして迎えた後半20分に訪れた、ムバッペは左サイドのDFリュカ・エルナンデスからのパスを中央で受けると、約20メートルの距離から右足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートがゴール左隅に突き刺さり、勝負を決定づける4点目を奪った。

     対峙した相手DFドマゴイ・ヴィダは、シュートモーションからムバッペが右方向に放つと判断し足を伸ばしたが、巧みにその逆を突いて右足を振り抜きゴールが生まれた。W杯公式インスタグラムはこの一撃を、「1958年のペレに次いでW杯決勝史上2番目に若い得点者」と綴り動画を公開。するとコメント欄は、海外ファンの賛辞の言葉ですぐに溢れ返った。

    「伝説的ゴールの誕生」
    「世界ベストプレーヤーに名乗りを挙げるゴールだ」
    「現実離れした活躍だ」
    「無慈悲なゴール」
    「19歳が大舞台でこのゴール? どうなってるんだ」」
    「サッカー界の未来に敬礼」
    「伝説へのスターダムを登る一振り」
    「あの年齢で成し遂げていることは異常なことだ」
    「速く、上手く、強い。世界最高のティーンエイジャー」

     19歳ながら背番号「10」のエースナンバーにふさわしい活躍を披露したムバッペは、今大会の最優秀若手選手賞も受賞。次世代のスーパースターは、ロシアの地で強烈なインパクトを残してみせた。(Football ZONE web編集部)

    19歳で10番を背負うFWキリアン・ムバッペは、この試合でダメ押しとなるチーム4点目をマーク【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    DFを翻弄して、難なくゴールを決めている。
    次元がちがう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ムバッペ、19歳で全てを兼ね備えた選手だ】の続きを読む

    このページのトップヘ